サッカー06人身傷害補償とは、契約している車に乗っている搭乗者が事故で怪我や後遺障害を負ったり死亡した場合に、契約の保険金額の範囲内で損害額が支払われる実損払いの保険のことです。
契約内容によっては、契約車両以外の車に乗車中の場合や歩行中の場合にも補償してもらうことが出来るようになっています。
自分自身の過失も含めて、実際にかかった治療費用や休業補償、慰謝料などを保険金額の範囲内で全額補償をしてもらうことが出来るのが特徴です。
例えば、こちらの過失が4割、相手の過失が6割の交通事故で大きな損害が出た場合、通常、相手の賠償保険からはこちらの過失分4割が減額された補償金が支払われるだけで、残りは自己負担となってしまいます。
しかし、こういった場合でも自己負担額の補償を受け取ることが出来、損害の全てを補償してもらうことが出来るのがこの補償なのです。
またもう一つの特徴として、普通は相手方との示談が成立してからではないと保険金を受け取ることは出来ませんが、この保証の場合は、示談の成立前に保険金を受け取ることが出来るのです。
これによって治療費用などの負担を軽くすることが出来るといえます。
このように補償範囲が幅広く、安心感や満足度の高い保険プランなのですが、唯一のデメリットとして挙げられるのは月々の保険料が高いということですただ契約車両以外での補償を省略することで保険料を安くすることは可能となっています。
上記のような事故を起こさないのが一番の理想ですがいつ事故を起こしてしまうかは分かりません。
安心・安全に車を運転するために保険に必ず入っておきましょう。

http://www.whatwasitanyway.com/

保険手続きについてのサイトです。一読しておけばスムーズに保険の手続きができるので合わせてご覧ください。