当て逃げ

自動車保険の人身傷害補償に加入していると、色々なメリットがあります。その中のひとつが、当て逃げにあった時の補償です。車に乗っている時だけでなく、歩行中の事故の場合もしっかりと補償されます。

 
補償として出されるものは、治療費、休業損害、慰謝料などです。但し、これらを請求するためには、色々な手続が必要となってきます。まず、事故証明書を警察から発行してもらう必要があるのですが、事故にあったという届出を警察にします。その後、病院から診断書を出してもらいます。出してもらった診断書を警察に届けると、事故証明書を発行してもらうことが出来ます。また、治療を受けた時の領収書も残しておく必要があります。実費で払い、後から請求となることが多いためです。領収書と事故証明書を保険会社に提出すると、保険金が確定します。その金額に納得したらサインをし、支払ってもらいます。事故証明書も診断書も発行のためには費用が必要となってきますが、これも保険会社が支払います。また、休業損害は専業主婦の場合であっても出ますので、しっかりと請求するようにしましょう。

 
このように、人身傷害補償に加入していると、とても大きなメリットがあります。