歩行中

人身傷害保険は、保険契約している車に搭乗中の人が、事故によってケガをしたり、死亡してしまった場合に、実際の損害額を算出し、過失割合に関係なく、全額を保険金として支払うというものです。この保険を付帯するメリットをまとめてみましょう。

 

 

一つは搭乗者傷害保険のような定額払いではなく、実損額払いだということがあげられます。これは、実際の損害金額が支払われるものです。ケガの場合の入院や通院でかかる治療費だけでなく、それに関わる経費についても補償されます。またその間、会社や仕事を休んでしまった場合には、休業損害や精神的損害(慰謝料)についても補償の範囲となります。定額払いに比べて、必要なお金が十分に補償されるので安心できるというのがメリットです。

 

 

また、自動車保険でありながら、歩行中に車やバイクにひかれたり、他人の車に搭乗中に事故にあってケガをしたり死亡したケースでも、自分の車に乗っていたときと同じように補償されます。

 

 

さらに、大きなメリットとして過失割合に関係なく保険金を受け取ることができます。示談交渉が終わるまで、相手方が負担すべき分の治療費を、自己負担する必要がなくなるので、出費を抑えたい方には大きなメリットと言えるでしょう。