自分の過失が多い事故・相手の過失が多い事故

人身傷害補償保険というのは、契約を結んでいる自動車が事故に遭った時に、搭乗者が怪我や後遺障害を負ったり死亡した場合に過失割合に関係なく損害額が補償される保険です。相手の割合が大きければ払う金額は少なく済みますが、自分の割合が大きい場合、支払うのが大変です。しかし、この保険に加入していると、本来自己負担しなければならない分を補償してくれますので、全額保険から支払われます。また、万が一相手が保険に入っていないために十分な補償が受けられないようなことがあっても、人身傷害補償保険から不足分が補償されますので安心です。

 
自動車に乗っている限り、事故は決して他人事ではありません。保障内容の広い人身傷害補償保険に加入しておけば契約自動車以外の車に乗っている時に事故に遭った場合にも補償されますし、歩行中の事故も対象となります。また、受け取りの時期についてもメリットがあり、人身傷害補償保険なら示談の成立前でも受け取ることができます。

 
実際の損害額を計算して支払われるものであり、入院費や通院費、休業による損害、精神的な損害も含まれます。かなり手厚い補償が受けられますので、万が一に備えるのには心強い保険と言えます。