人身傷害補償のメリット

自動車保険で補償される内容の一つに「人身傷害補償」があります。これは、自動車事故によって保険の対象となっている自動車に搭乗している人が死亡、後遺障害、傷害のいずれかを被った場合に補償が受けられるというものです。この補償の取り扱いは保険商品によって異なっており、基本の補償内容に含めていたり、特約の一つとして設けていたりと様々です。

ダーツ02
この補償がついている場合のメリットとしてまず挙げられるのは、補償金の支払いです。通常、自動車事故を起こした場合は示談などにより自身と相手の過失割合が確定しなければ賠償を受けることができませんが、この補償があれば、示談の結果や過失割合の確定を待たずに、約款に定められている賠償基準にしたがって補償を受けることができます。
もう一つのメリットは、補償の対象となる範囲です。保険商品によっては、保険の対象となる自動車だけでなく、それ以外の自動車に搭乗中に起きた事故や、歩行中や自転車運転中に起きた自動車事故、相手のいない単独事故なども補償を受けられる条件に含まれていることがあります。ただし、これら保険の対象となる自動車以外で起きた事故については、補償を受けられるのが記名被保険者本人とその家族のみとなっていることが多いので注意が必要です。