設定金額を工夫する

自動車は便利な乗り物ですが、一旦事故になると悲惨な結末を招くこともあります。スポーツ会場
そのため、自動車を所有する人は、保険の加入が義務付けられています。
 

自動車の保険には、強制加入の自賠責保険と、任意加入の自動車保険があります。
自賠責保険は、事故の被害者が、加害者の資力などの問題で補償が得られない場合に備えた最低限の補償で、事故の起きた状況や、運転者の過失の程度によって補償額は変わるので、不足する分は任意保険でカバーしておく必要があります。また、運転者自身や同乗者の補償は搭乗者傷害補償、モノの損害については対物保険、自らの車については車両保険をそれぞれ任意保険で補償を付けておかなければなりません。
 

もしも事故が起きてしまっても、全額を自費で補償できれば保険は必要ありませんが、現実には不可能です。
 

任意保険とは、加入が任意なのではなく、補償ごとの設定金額を任意にすることで保険料を抑えることができる、補償内容が任意に選べる保険と考えるとわかりやすくなります。

 

補償内容を手厚くするほど保険料も値上がり、補償内容を抑えていくほど保険料は節約できますが、設定を変えた複数の見積もりをもらって比較するのがおすすめです。